面談はこちら 無料相談受付中

0120-017-011

平日9:00~18:00
土日祝日相談も対応可(要予約)

相続人に前婚の子がいたケース

状況

依頼者Oさんはお母さまがお亡くなりになられ、その相続手続きとして相談しにいらっしゃいました。

相続人がOさんのご兄弟が1人、甥が1人、お父さまの前婚の子が1人であり、相続関係が複雑なケースでした。

この前婚の子とは付き合いが無く、相続争いになる可能性がありました。

亡くなったお母さまの遺産はお父様の土地を売却したもので、この前婚の子の法定相続分に不安があり、ご相談しに来ていただきました。

司法書士のサポート

まず、前婚の子とコンタクトを取るためにお手紙をお送りさせていただきました。

前婚の子の相続内容としては、遺留分請求額の1/8に少し余剰を加えたものと本来の法定相続分の1/4とは少なめなものになっています。

代わりに司法書士への報酬やその他の実費はご依頼者が負担する形をとることになりました。

結果

無事争いが起こることなく円満に解決することができました。

今回のようなケースは本来トラブルになりやすいのですが、専門家が間に入り、適切な対応をとることで争いに発展することはありませんでした。

こういった複雑な相続でも適切なご提案や対処が可能ですので、トラブルを未然に防ぐ意味でも専門家にご相談することをお勧めいたします。

相続のご相談は当事務所にお任せください!

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

葬儀後、相続発生後の手続き

  • 相続手続き丸ごと代行サービス

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
お客様の声を大切にします
  • お客様の声:…

  • お客様の声:…

    親身になって相談にのってもらい不安もなく良い事務所だと感じました。

  • お客様の声:…

    具体的で良くわかった。また、代理手続きなど手早く行ってもらい安心できた。

  • お客様の声:…

    わかりやすく説明いただき安心した。

お客様アンケート一覧についてはこちら
Contact
無料相談受付中!
PAGETOP