面談はこちら 無料相談受付中

0120-017-011

平日9:00~18:00
土日祝日相談も対応可(要予約)

遺言を活用して、子どうしの揉め事のリスクに正しく対応した事例

状況

Aさん(女性)からのご相談です。

娘と息子の二人のお子さんがいて、遺言を書こうとしているというご相談でした。

遺言の内容は、娘には保険金、他の全財産は息子というものを希望していました。

娘と仲が悪いわけではありませんでしたが、このままでは揉め事が起こる可能性がありました。

司法書士のサポート

生命保険は亡くなったタイミングで財産になるみなし相続財産であるため、そもそも「遺産分割の対象」ではありません。

ですので、遺言の内容を「揉め事が起こった場合、保険金以外の財産を娘が受け取り、代償財産として息子は生命保険金を受け取る」という内容にすることを提案いたしました。

結果

当初のプランとはことなる遺言にはなったため若干の抵抗感はありましたが、代償財産を用意することで揉め事になった時のリスクに正しく対処できるようになりました。

親子の仲が悪くなくてもいざ遺産を分割するとなると揉め事に発展したり、子の配偶者が分割方法に難を示すケースもあります。

遺言を活用することで、揉め事になった時のリスクに対処できるので、元気なうちに準備していくことが重要です。

相続のご相談は当事務所にお任せください!

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

葬儀後、相続発生後の手続き

  • 相続手続き丸ごと代行サービス

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
お客様の声を大切にします
  • お客様の声:…

  • お客様の声:…

    親身になって相談にのってもらい不安もなく良い事務所だと感じました。

  • お客様の声:…

    具体的で良くわかった。また、代理手続きなど手早く行ってもらい安心できた。

  • お客様の声:…

    わかりやすく説明いただき安心した。

お客様アンケート一覧についてはこちら
Contact
無料相談受付中!
PAGETOP