面談はこちら 無料相談受付中

0120-017-011

平日9:00~18:00
土日祝日相談も対応可(要予約)

遺言を活用し、揉め事になる前に財産の分割を決めておいた事例

状況

Aさん(女性)からのご相談です。

新聞の記事を読んで、自分の相続のことが気になったとのことでご相談にいらっしゃいました。

財産はゆうちょ銀行の口座とお母さま名義の自宅の土地と建物でした。息子と娘が1人ずつおり、土地・建物は息子に相続させたいと考えていました。

しかし、娘さんからご意見を頂くと、そのAさんの財産分割案に対して少し不満がありました。

司法書士のサポート

このままでは揉め事に発展してしまう恐れがあったため、そうならないように方向性を提案いたしました。

不動産を息子が引き継いでお金を娘さんに渡すという場合もありますが、そもそも不動産を引き継ぐ必要性があるかどうか確認をしました。両方とも住まいはあったため、不動産を売却し、得られた売却金を相続人で分配する換価分割をする旨の遺言を書くようにご提案させていただきました。

結果

揉め事は起こらず、お母様、娘、息子の意思が尊重されたベストなご提案ができました。

些細な分割意思の食い違いから揉め事になるケースというのはどのようなご家庭でも起こりうることです。

法的に有効であり、「想いをかたちにする」ための遺言の作成を、元気なうちにしておくことがとても大切です。

当事務所としても、地域の皆様にこのような望まない相続が起こらないよう、遺言含め、最適な生前対策サポートをご提供してゆきます。

 

相続のご相談は当事務所にお任せください!

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

葬儀後、相続発生後の手続き

  • 相続手続き丸ごと代行サービス

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
お客様の声を大切にします
  • お客様の声1…

    具体的で良くわかった。また、代理手続きなど手早く行ってもらい安心できた。

  • お客様の声1…

    わかりやすく説明いただき安心した。

  • お客様の声1…

    すみやかに処理頂いたので安心しております。

  • お客様の声1…

    相続財産とゆう形で手続きをお願いしました。 法律的なことはよくわからなかったので、相談してよかったと思います。

お客様アンケート一覧についてはこちら
Contact
無料相談受付中!
PAGETOP